脚痩せを邪魔するのは姿勢!?

2019-10-15 18:43:00

脚が太い、痩せにくいと悩んでいませんか?
姿勢と脚痩せは全く関係ないように見えて、実はとても密室な関係があるのです!姿勢が悪いと脚痩せがスムーズにいかないかもしれません。

姿勢が悪いことで脚が太くなる理由
代表的な悪い姿勢と言えば猫背ですよね。
自分が猫背と自覚している人がいる一方で、周りから姿勢がいいと言われている人でも自覚症状がないだけで意外とアウトな場合があります。見た目は猫背に見えなくても実は隠れ猫背(巻き肩)かもしれません。この猫背なのですが、脚痩せにとても悪影響なんです。

猫背になると、上半身はもちろん骨盤も歪んでしまうため、下半身にも悪影響がいってしまいます。
猫背になる→内臓の位置が下がる→内臓が骨盤を圧迫→骨盤が開く
肺を押しつぶす姿勢→血液の循環が悪くなる
正しい姿勢でいないとこんなにもデメリットがあります。

骨盤が歪むと身体のバランスが悪くなり、それを矯正しようと余計なところに力がかかります。太ももの前面や外側が太い人や筋肉の付き方のバランスが悪い人は骨盤が歪んでいる可能性があります。
猫背の骨盤の歪みの特徴として、太ももはもちろんお尻が垂れたり太くなるります。
しかも、足の付け根のリンパを圧迫されるので老廃物が溜まりセルライトができやすかったり浮腫みやすい体になってしまいます。
痩せるだけでなく、美脚を作るのにも姿勢が関係していたのです。
姿勢が悪いだけで脚痩せはもちろん、体にっ取っても悪循環ですよね。

ほとんどの人は気づかないうちに、身体の左右どちらかに偏った姿勢をとっています。
立ったとき片足に重心をかけるクセ
いつも同じ足の組み方をする
パソコンをするとき前屈みになる
など、日常生活の普段何気なくしている動きが、骨盤のゆがみに原因になってしまいます。

姿勢がいいと
足の浮腫みが解消できる
基礎代謝が上がりやすく、痩せやすい体に
骨盤の歪みがなくなり基礎代謝があがりやすい

正しい姿勢を保つポイント
壁を背にして立った時に正しい姿勢なら、頭、肩、お尻、かかとの4点がぴったりとつきます。どこか1つでもくっつかない場合は正しい姿勢ではありません。骨盤が歪んでいる証拠です。

頭のてっぺんをひもでつり上げられているようなイメージで背筋を伸ばすと、自然と正しい姿勢になります。座るときや歩くときもこの姿勢が基本になるので、しっかり体に覚えさせましょう。

座ってる状態でできる骨盤矯正ストレッチ
骨盤の矯正は脚やせだけでなく、むくみや血行不良の改善にも期待が持てますので、骨盤がズレていると自覚している方は、積極的に行ってみてください。
まず正しい姿勢で座る→上半身を左右に揺らす→お尻から大きく左右に揺らす
この順序を繰り返すだけの簡単ストレッチです。
ちょっとした時間にできるので時間のある時にやってみましょう!

脚やせ効果を狙うためには、まず正しい姿勢になることが大切です。
正しい立ち方や座り方を常に意識して、普段の生活に取り入れてみてください。
といっても、常に姿勢をよくしようと意気込んでもすぐ嫌になってしまうと思います。
まずは、通勤の間だけや気づいたときに直すなど少しずつ姿勢をキープすることに慣れていきましょう。

猫背を改善して素敵な姿勢と脚痩せを成功させましょう!!