家庭用脱毛器とは

2019-05-21 10:55:00

  「脱毛サロンに通いたいけど、時間がない…」


「全身脱毛をしたいけど、お金が続かない…」


そのようなお悩みを解消してくれる美容機器が、家庭用脱毛器です。


家庭用脱毛器があれば、

時間をかけて脱毛サロンに通わなくても、

施術予約のためにスケジュールを調整しなくても、

脱毛部位を増やすためにお金を工面しなくても、

自宅で、手軽に気軽に脱毛できるようになりますよ。


具体的に、家庭用脱毛器はどのようなものなのでしょうか?

ここでは効果や安全性、コストパフォーマンスなどについてお話ししますね。


簡単な操作で安全に


家庭用脱毛器には種類が複数ありますが、その多くがIPL方式。

脱毛サロンでよく行われているフラッシュ脱毛と同じですね。


IPL方式では、光を広範囲に照射して、その熱で毛乳頭を弱らせます。

光のパワーがレーザーほど強くないので、安全性が高いと言われています。


しかも家庭用脱毛器では、その光をワンタッチで簡単に照射できるようになっています。

照射口をお肌に押し当てて、スイッチを押すだけです。

それだけで、範囲内を光で熱して、ムダ毛を処理できるのです。


さらに家庭用脱毛器では、パワーの強弱の調節が可能。

ムダ毛の量やお肌の質に合わせて、好きなパワーで光を照射できます。

低めのパワーで照射すれば、刺激を受けやすいデリケートゾーンの脱毛もできますよ。


また、形状はヘアドライヤーやシェイバーに似ています。

持ちやすい形ですし、比較的軽量なので、片手で楽に扱えます。

そのため、背中やうなじなど、手の届きにくい部位の施術も可能です。


つまり家庭用脱毛器があれば、自力で安全に全身脱毛ができるということです!

しかも脱毛サロンと同じ方式なのですから、効果も十分に期待できますね。


気になるコスパは?


脱毛サロンでの全身脱毛の料金相場は、20~30万円です。


月額制の場合は1ヶ月1万円が相場ですが、完了までにトータルでやはり20~30万円かかることが多いようです。


それに対して、家庭用脱毛器のコストはどのくらいでしょうか?

機種にもよりますが、特に人気のある機種の価格帯は、5~7万円です。

ひとつあれば、10~20回分の全身脱毛ができます。

脱毛サロンでの全身脱毛の料金と比べると、とても安いですよね。


しかも家庭用脱毛器の多くは、カートリッジ交換式です。

カートリッジには寿命があり、それが尽きると照射できなくなるのですが、交換すれば再び照射可能になります。


カートリッジの価格相場は、5千~1万円。

そしてカードリッジ1個で、やはり10~20回分の全身脱毛ができます。

中には、1000回以上の全身脱毛ができるという高性能なカートリッジもありますよ。


この点から見ても、家庭用脱毛器はコストパフォーマンスが非常に優秀ですね。


ケアも自力で


ただし家庭用脱毛器の場合、照射前後のケアも自力で行う必要があります。


具体的には、

・照射前に、ムダ毛を除去しておく

・照射後には、ジェルで冷却する

・仕上げに、ローションなどで保湿する

こういったケアが必須ですよ。


一方脱毛サロンでは、照射はもちろんケアも、スタッフの手で行ってもらえます。

プロの手でのケアですから丁寧ですし、仕上がりもきれいです。


このメリットから、脱毛サロン通いを選択する人も多くいます。

逆に言えば、家庭用脱毛器は「自力でケアまできちんとできる人に適している」ということです。


料金が高めでも、プロの手できっちり施術してもらうか。

低コストで、気楽にマイペースに施術するか。


より自分に合う方を選んでくださいね。


まとめ


家庭用脱毛器があれば、自宅で自分の手で全身脱毛ができます。

しかもIPL方式なので、手軽で安全ですよ。


価格は、5~7万円が相場です。

脱毛サロンの場合、全身脱毛完了までに20~30万円かかるので、それとくらべると格安です。


ただし照射前後のケアも、自分の手できちんと行うことが大事ですよ。